FC2ブログ
オモロポリス物語

オモロポリス物語

■タケモトコウジの身に起こる何かを見守っていただくブログ■
プロフィール

タケモトコウジ

Author:タケモトコウジ
DJ/MC/ナレーター/役者(ex劇団Bee-ple)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150917 Thu
バケモノの子展(大丸梅田店)行って来た! 

バケモノの子展(大丸梅田店)行って来た! 

「バケモノの子展〜時をかける少女、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪〜」
2015年9月16日(水)〜28(月)@大丸梅田店15階 大丸ミュージアム


この夏公開されて大ヒットした細田守監督の最新作「バケモノの子」、そしてこれまでに作られた3作品の制作の裏側とアトラクションを体験出来るイベントです。

まず入り口にはあの「バケモノの子」のバケモノ側の世界の繁華街「渋天街(じゅうてんがい)」のアーチが出迎えてくれます。
展示の前半は「制作の裏側」として、直筆の絵コンテやCGの制作途中の映像、背景画が間近で観られます。
絵コンテの段階でも細かい書き込みがあり、これがさらに磨かれてあんな迫力のあるシーンになるのか!と感動。
背景画はそのまま額に入れて飾りたくなるような古き良き田舎の風景にも思わず見入っていまいます。

そして展示の後半はコラボ企画のイベントになっています。
「熊轍の大太刀(おおたち)モチーフの日本刀」
 こちら全日本刀匠会40周年記念コラボ作品。
 日本の刀匠、東京都無形文化財保持者でもある吉原國家(よしはらくにいえ)さんによって制作されました。

続いて「熊轍道場」(チームラボ)
グリーンバックの撮影スタジオのようなセットに刀の柄の部分だけのようなモノを持って入ります。
すると、熊轍の声で修行の支持が!
目の前のスクリーンには「バケモノの子」の背景に立つ自分の姿。
しかも手にはCGで描かれた大太刀!

その大太刀で画面にランダムに出てくるスイカやリンゴと言った果物を割ると修行が出来るいうアトラクション!
これは楽しい〜!

ここで撮られた映像は「バケモノの子展」のFacebookでアップされる仕組みになっています。

「未来で待ってる」「雪と雨の背くらべ」(面白法人カヤック)
「時をかける少女」のラストシーンを再現したステージがあるんですが、そこには等身大の千昭(ちなみに男の子)がなにやら耳打ちしているような姿勢で待ってます。
参加者は千昭に優しく抱かれるように近づくと耳元であの名台詞を囁いてくれます。
これは女性押しなイベントでしょうかね(笑)

「雨と雪の背くらべ」は柱に雪8歳とか雨2歳とか傷がついていて、その位置に参加者が手を置くと、その大きさに成長した雨や雪がスクリーンに姿を現すというもの。これも写真で残したい!

「よろしくお願いしまあああすっ!!」
「サマーウォーズ」の名シーン!
悪い人工知能によって人工衛星が落ちてくる!軌道をそらすにはタイミングを合わせてエンターキーを押すだけ!
ちゃぶ台に設置されたパソコンのディスプレイに始まるカウントダウン、目の前にはマイクが1本。
そうです、エンターキーを押す前にあの名台詞「よろしくお願いしまあああすっ!!」と叫ぶんです!!

これはテンション上がりましたね〜
と同時に終わった後の気恥ずかしさも中々のモノですけど。

先着5000名に過去3作品の映画のフィルムをプレゼント!
※「バケモノの子」は完全デジタル上映なので映画のフィルムはありませんのでご注意を。


9月16日(水)〜28(月)@大丸梅田店15階 大丸ミュージアム
「バケモノの子展〜時をかける少女、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪〜」
http://www.ntv.co.jp/bbe/

スポンサーサイト
20150910 Thu
映画【ヴィンセントが教えてくれたこと】 

映画【ヴィンセントが教えてくれたこと】 

映画【ヴィンセントが教えてくれたこと】

偏屈で頑固な変わり者のじいさんヴィンセントと偶然隣に引っ越して来たオリバー少年のちょっとぶっ飛んだ、
でも見終わった後にほっこりした気持ちにさせてくれる感動作。

街の嫌われ者、偏屈じいさんヴィンセントは隣に越して来た母子の1人息子オリバーのシッターをする事に。
転校したばかりの学校で早速いじめにあうオリバーくん。
日本もアメリカも同じなんですね〜

そんなオリバーくんが帰るのはシッター役のヴィンセントの家。
ところが酒、タバコ、競馬に加えて週一で娼婦を家に呼ぶダメダメ絶倫じいさんのヴィンセントが普通の子守りをする筈も無いワケです。
”社会勉強”と称してバーや競馬場にオリバーを連れていきいろいろ”勉強させる”日々。

オリバーくんもウンザリ、、、、かと思いきやクールなオリバーくん,意外と馬が合ってくる。
観ている僕も「ヴィンセントええ奴やん」と思えてくるのが不思議。

さらにヴィンセントには介護施設に認知症の奥さんがいて、日頃の悪態をつく姿とは一転し甲斐がいしく面倒をみていたという事も分かり、僕はヴィンセントにぐっと惹き付けられていました。

もちろんこれで話が終わるのではなく、ここからオリバーくんの家庭の事情が明らかになり、ヴィンセントの奥さん、そしてヴィンセント自身にも様々なハプニングが起きて話はさらに展開して行きます。
が、それは作品を観て下さい!

全てがちょうど良いバランス。

ヴィンセント役のビル・マーレイのハマりっぷりが凄かった。
あのゴーストバスターズでビルがやっていた役柄がそのままじいさんになった感じの毒とユーモアが詰まった小洒落たセリフがたっぷり聞けます(笑)
オリバー役の男の子ジェイデン・リーベラーくんはまだ演技を始めたばかりだそうですが非常にナチュラル。
映画が進むに連れていじめられっ子からたくましく成長して行く様子も見事に演じ分けられています。末恐ろしい!
さらに新鮮との家に通う妊娠中のロシア人娼婦にナオミ・ワッツ、オリバーの母親にはアメリカではコメディ女優として知られるメリッサ・マッカーシーをキャスティング。
この意外性も作品にスパイスとしてきいています!


最初はたった4館だけで公開されたこの映画が全米の共感と感動を呼んで2500スクリーンにまで広がったのも納得。

http://www.vincent.jp

20150901 Tue
【コスプレBar t2(10/17)】今年もやります! 

【コスプレBar t2(10/17)】今年もやります! 

【コスプレ!Bar t2 (10/17)】
毎年恒例!この季節がやってきました!
アカペラ演劇、一人芝居、弾き語りもあり!
好きなカッコでワイワイしましょ!
<日時>2015/10/17(sat)17時オープン/18時スタート
<場所>RJ&BME’s 阪急西宮北口徒歩3分 http://home.att.ne.jp/iota/RJ-BME/
<料金>1000円+1オーダー
★歌もの★
岸本絵梨香 http://otobiyori.blog.shinobi.jp
SEINA http://artist.aremond.net/seinanosei/top
★芝居もの★
劇団Bee-ple(とだ直史、松本さん、タケモトコウジ) http://bee-ple.jimdo.com
ムタヒロヒコ[一人芝居]

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。