FC2ブログ
オモロポリス物語

オモロポリス物語

■タケモトコウジの身に起こる何かを見守っていただくブログ■
プロフィール

タケモトコウジ

Author:タケモトコウジ
DJ/MC/ナレーター/役者(ex劇団Bee-ple)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
20190401 Mon
タケモトコウジです。 

タケモトコウジです。 

ようこそタケモトコウジのブログへ。
タレント活動やってます。
DJ/MC/ナレーター/役者など
http://takemotokoji.com

125.jpg095.jpg

コエ・テクという個人のボイス・トレーニングもやってます。
企業への研修から就活生の自己PR作り、タレントさんのスキルアップのお手伝いです。


【レギュラー番組】
ラジオ関西「田代さや佳のMiracle Music Triangle」(土)18:00〜
広島FM「ヘッドホンおじさんCX」(土)12:30〜
※リンクはFacebookページです。ゲストとの写真などご覧いただけます。

梅田FM「週末GOGOナビ!」(木)13:00〜
※リンクはPodcast用ページです。過去の放送がお聴きいただけます。
    「Be Fresh!Thu.」(木)14:00〜
Baycom「HYPERDASH基地」毎月1日/16日更新20:50〜

YOUTUBEチャンネル「HYPERDASH基地」随時更新

さらに個人的にYOUTUBEチャンネル立ち上げました!
iMOVIEでのみ作成してます。おヒマでしたら、、、

IMG_E5927.jpg

20190315 Fri
ゲストに影山さゆりさん&大坂愛さん決定! 

ゲストに影山さゆりさん&大坂愛さん決定! 

えらいことになって来ました!

タケモトコウジ ラジオOFF会〜ここでの話は他言無用でお願いします〜
ゲスト第一弾として先日、真咲郁さんを発表しましたが、第二弾では

さゆぽんこと影山さゆりさん
そして、大坂愛さんが決定!

予約は現在受付中〜
多分、約1週間前の3月18日(月)以降に予約がグゥゥゥゥウンと増えるはずなのでお早目に。


当日は僕がやってるポッドキャスト「タケモトRadio.2.1」の公開収録も。
こ予約特典は知ってる人は知っている「ヘッドホンおじさんシール」
ネットもラジオも局の垣根も超えてラジオ愛を語ります!

http://takemotoradio2-1.seesaa.net/

【タケモトコウジ ラジオOFF会〜ここでの話は他言無用でお願いします】

日時:3/26 (火)20:00
開場:自家焙煎珈琲 libre(島根県松江市殿町404)
ゲスト:大坂愛、影山さゆり、真咲郁(五十音順)
料金:1500円(ブレンドコーヒー"ブリアン"=元ガッツdaブレンド付き)
お申込み:
自家焙煎珈琲 libre までご連絡下さい
TEL:080-5615-8977
なお、ご予約特典として「ヘッドホンおじさん」のシールプレゼント!


以下libre facebookページより引用

FM山陰 「ガッツdaレディオ」月曜日、火曜日のパーソナリティーでおなじみのタケモトコウジさんのラジオOFF会を開催します!!

ラジオの裏話やプライベートなど他では聞けない様々なことをお話していただきます!

松江にタケモトさんのファンはいるのか⁈ということから始まったこの企画、はたして何人集まるのでしょうか?
彼の名誉のために多数のご参加お待ちしております!!

《内容(予定)》
・ポッドキャスト「タケモトRadio2.1公開収録」
・ゲッターズタケモトの占い(真咲郁を公開占い)
・記念写真撮影会
・私物チャリティーオークション(マスター一押し!)

《お申込み》
自家焙煎珈琲 libre 木下までご連絡下さい
TEL:080-5615-8977

なお、ご予約特典としてタケモトさんが自腹で作った某局でおなじみ「ヘッドホンおじさん」のシールプレゼント!、

その他話して欲しいお題は自家焙煎珈琲libreのFacebookで受付中!!
https://www.facebook.com/events/657037641366230/

20190312 Tue
タケモトコウジ ラジオOFF会 in松江 

タケモトコウジ ラジオOFF会 in松江 

ついに2週間を切りました!
松江でOFF会やりますよ〜!
今回山陰で女優やパーソナリティーその他様々な顔を持つ真咲郁さんのゲスト出演も決定
真咲さんにはみんなの前で占いを体験してもらいます!(結構ガチ)
そして僕がやってるポッドキャスト「タケモトRadio.2.1」の公開収録も。
こ予約特典は知ってる人は知っている「ヘッドホンおじさんシール」
ネットもラジオも局の垣根も超えてラジオ愛を語ります!

http://takemotoradio2-1.seesaa.net/

【タケモトコウジ ラジオOFF会〜ここでの話は他言無用でお願いします】

日時:3/26 (火)20:00
開場:自家焙煎珈琲 libre(島根県松江市殿町404)
ゲスト:真咲郁
料金:1500円(ブレンドコーヒー"ブリアン"=元ガッツdaブレンド付き)
お申込み:
自家焙煎珈琲 libre までご連絡下さい
TEL:080-5615-8977
なお、ご予約特典としてタケモトさんが自腹で作った某局でおなじみ「ヘッドホンおじさん」のシールプレゼント!


以下libre facebookページより引用

FM山陰 「ガッツdaレディオ」月曜日、火曜日のパーソナリティーでおなじみのタケモトコウジさんのラジオOFF会を開催します!!

ラジオの裏話やプライベートなど他では聞けない様々なことをお話していただきます!

松江にタケモトさんのファンはいるのか⁈ということから始まったこの企画、はたして何人集まるのでしょうか?
彼の名誉のために多数のご参加お待ちしております!!

《内容(予定)》
・ポッドキャスト「タケモトRadio2.1公開収録」
・ゲッターズタケモトの占い(真咲郁を公開占い)
・記念写真撮影会
・私物チャリティーオークション(マスター一押し!)

《お申込み》
自家焙煎珈琲 libre 木下までご連絡下さい
TEL:080-5615-8977

なお、ご予約特典としてタケモトさんが自腹で作った某局でおなじみ「ヘッドホンおじさん」のシールプレゼント!、

その他話して欲しいお題は自家焙煎珈琲libreのFacebookで受付中!!
https://www.facebook.com/events/657037641366230/

20190112 Sat
アサヒビール発祥の地に行ってきた、去年。 

アサヒビール発祥の地に行ってきた、去年。 

吹田のアサヒビールの工場に行った時の写真が出てきた!
いや、これさ、すごい良かったのよ!
この吹田がアサヒビール発祥の地で、見学ルートがエスカレーター使ったりして結構アップダウンあったりとか
通路も曲がりくねったルートなんだけど、それは工場が先にできていて後から見学ルートを作ったから。
新しい工場はあらかじめ見学ルートが設計段階から想定されているそうです。
この辺もそそるよね〜機械優先の作りな訳ですよ(笑)

IMG_8651.jpg
この鈍く光る工場内部のカッコ良さ!

IMG_8643.jpg
この辺は感が高速で動く。
IMG_8646.jpg

IMG_8645.jpg

IMG_8647.jpg
この中に大量にビールが貯蔵されてます。
IMG_8648.jpg

IMG_8649.jpg
スーパードライのキャッチコピーの変遷。

IMG_8650.jpg
世界の缶ビールたち。昔は撮影禁止だったんだって。

また行きたいです。

20180909 Sun
"美しい時代劇"-散り椿- 

"美しい時代劇"-散り椿- 

【散り椿】
監督:木村大作 
9月27日(金)全国公開

クロサワ映画にも参加した名カメラマンの木村大作が、「劔岳(つるぎだけ) 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。
「雨あがる」などの監督・小泉堯史(こいずみ たかし)を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟(はむろ りん/2017年没)の同名小説を実写映画化した。

<STORY>
享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛(うりゅうしんべえ/岡田准一)。
追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠(麻生久美子)は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す。それは、
新兵衛のかつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女(さかきばらうねめ/西島秀俊)を助けてほしいというものだった。
妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、やがてある確証を得て采女(うねめ) と対峙する。
過去の不正事件の真相や妻の本当の思いを知る新兵衛だったが、その裏では大きな力が彼を襲おうとしていた。。。


<見どころ>
鑑賞後の感想は『綺麗なものを観れたなぁ」
思わずそう話してしまうくらい景色が美しい映画でした。
木村大作監督は黒沢明作品にも参加している名カメラマンですが、インタビューでこんなことをおっしゃっています。
「黒澤監督は撮影用の町を作って撮影をした。これにはお金がかかる。同じお金を使うなら自分は撮影期間を長くして、日本の四季を撮っていくだろうね。」
まさしくこの映画は富山を拠点にオールロケーションで撮られた記録映画的側面を持つ作品になりました。

そして殺陣。
普通の殺陣の撮影は斬られた部分を隠すためにカットを割って撮影していくことが多いが
木村監督は1カットで殺陣のシーンを撮りたい。
それを察した岡田准一くんが1カットで撮れるように動きを考案して撮影をしたそうです。
この時のやり取りがまたカッコいい。
稽古で、、、
監督「(カットを割る為に)じゃあ横のポジションからも撮ろうか」と提案すると
岡田「いや、大作さん、そのポジションで最後まで通して下さい」
すると次の稽古までに1カットで撮れる様に殺陣を考えて来きた。
しかも理論的にも動きが正しい。
さらに!
岡田「殺陣は切った時よりも、切った後の形、つまり【残心】がとても大事で、武術の有段者はそこを見ます。
  【残心】が決まっていないと自分も気持ちが悪いんです。」

カッコ良すぎ!!
他にも黒澤明監督からの影響として「『椿三十郎』で黒澤監督は三船敏郎さんの殺陣を(カットを)割らずに撮っていて、その現場を観ていたんですから。でも岡田くんは三船さんよりも早いと思う。」
など絶賛してらっしゃいます。
そんなインタビューを読んだもんですからボクも「椿三十郎」を観直しました。
どちらの役も剣豪で複数人の敵を斬り捨てるシーンがありましたが、確かに早くて、繊細な印象がありました。
椿三十郎の荒々しいキャラクターもありますから一概には比較できませんが。

是非みなさんも”美しい時代劇”『散り椿』を劇場のスクリーンでご覧下さい!

http://chiritsubaki.jp
9/27 全国公開

広告: